胸が小さい女性へ ~胸(おっぱい)を大きくするために有効な方法をお伝えします

胸が大きくなるために色々な方法を試している女性は多いと思います。

おっぱいは意外と簡単な方法で大きくなります。

おっぱいを大きくしたい女性に役立つ情報をお伝えしたいと思いますので、参考にしてくださいね。

運動で胸を大きくする

合掌のポーズで両手を押し合うのは、大胸筋を鍛えてハリのあるおっぱいになることができます。

両肘を肩まで上げて、肘を90度の角度にしてゆっくり押し合うだけですので、少しの時間でも簡単にチャレンジできます。

他にも短時間でできる簡単なバストアップ方法はとても多く、たとえば腕をぐるんと大きく回す運動はバストアップもいいといわれています。

こんな簡単な運動でバストアップできるのですから、毎日やった方がお得とさえ思えますね。

ただし、これらの運動系のバストアップ方法は、育乳に必ず成功するという保証がなく、成功してもすぐに大きくなるわけではありません。

おっぱいをでかくする効果があるものはたくさんあり、それらのなかでも簡単な方法も多いのですが、毎日続けるとなると面倒になってしまってやめてしまう人がも多いようですので、おっぱいが大きくなった将来の自分をイメージしながらモチベーションを保つことが大切です。

継続する事で、はじめて豊かな胸を目指すことができる方法と覚えておきましょう。

まずはご自身が続けやすい手法から初めてみてくださいね。

サプリで胸を大きくする

サプリメントを飲む方法が効果的かは賛否が分かれますが、大多数の方が実際に胸がおおきくなっています。

サプリメントには育乳効果をもたらす女性ホルモンの分泌促進作用のある成分が凝縮されていますので、飲むだけで体の内側から大きなおっぱいを目指す事ができます。

でも、サプリによっては女性ホルモンが過剰となってしまい、生理が止まってしまったり生理の悪い周期に影響が出る可能性もあるとされていますので、サプリメントの摂取量には細心の注意を払って使用して下さいね。

クリームを塗って大きなおっぱいを目指す

バストアップクリームの成分には女性ホルモンの分泌を活発にする成分や、志望を増やす成分が配合されていますので、豊胸効果が期待できます。

クリームを塗るだけではなく、胸にしっかりと染み込むようにマッサージも一緒にした方が効果的です。

生活習慣を改善して胸を大きくする

バストサイズには生活習慣も関係しています。

日頃の習慣が悪いと、他の方法を試しても胸が大きくなる妨げになってしまいますので気をつけなければいけません。

食生活の偏りや運動不足、睡眠の減少、ストレスなどは健康に悪いことはご存じだと思いますが、これらの悪しき生活習慣は女性ホルモンのエストロゲンの分泌量にも悪影響をもたらすのです。

また、ホルモンだけではとどまらず、血行不良を引き起こす要因でもあります。

栄養は血液に乗って全身へと運ばれ、様々な場所で有効に使われます。

胸にも栄養が届きますから、血流を悪化する生活はできるかぎり早めに改善するようにしましょう。

姿勢を治して豊胸に役立てる

あまり知られてはいませんが、姿勢を正すこともおっぱいを大きくする効果が見込めます。

姿勢が悪いと成長に大切な血のめぐりが悪くなってしまいますので、胸が育つのを妨げてしまいます。

日頃から、背筋をピンとはった生活を心がけることで、血流が良くなりますので思い出したときは姿勢を正すようにしましょう。

背中を張った姿勢は、胸を大きく見せるテクニックでもありますよ♪

ツボを押してバストアップ

東洋の医学を利用するツボ押しもバストアップに有効とされています。

だん中・天渓(てんけい)・乳根(にゅうこん)・えんえきと呼ばれるツボをゆっくりと刺激することで育乳効果が見込めるとされています。

これらのツボを刺激する事によって、血のめぐりが良くなったり、エストロゲンの分泌量が増えたり、乳腺を発達させる効果が期待できます。

即効性はありませんが、プラスαの育乳方法として頭に置いておくと良いかもしれませんね。

↑ PAGE TOP